データ消去について

パソコン処分センターでは、ご処分依頼を頂きましたパソコン・家電類内のデータ漏えいが起こらない様、全記録媒体へのデータ消去を徹底させて頂いております。

故障などにより電源が入らなくなってしまったパソコンに関しましても、記録媒体のみ抽出を行い、データの消去作業を行わせて頂いておりますので、問題なくデータの消去が可能となっております。

そのほか、ご希望に応じてオプションサービスよりお申し込みを頂くことにより、各記録媒体の返却・外付化やデータ消去証明書の発行などのサービスも可能となっておりますので、お気軽にお申し付け下さい。

データ消去方法について

  • 専用ソフトウェアを利用したデータ消去
    専用ソフトウェアを利用したデータ消去

    データ消去専用のソフトウェアを使用し、復元が不可能になる状態までのデータ消去を徹底しています。

  • 物理的破壊によるデータ消去
    物理的破壊によるデータ消去

    HDDの場合はプラッタ、SSDの場合はメモリチップなど、記録が収められている部分を物理的に破壊し、復旧が出来ない様処理を施します。

データ消去の手順について

処分をご依頼頂いたパソコンは、以下に記載している手順に従ってデータの消去が行われます。

この作業は分解~消去の完了まで専属のスタッフ一名での手により行われ、消去の完了が確認されるまで第三者が記録媒体に接触する事は一切ございません。

ソフトウェアを使用したデータ消去
  • 分解
    分解

    処分をご依頼されたパソコンやタブレットの分解を行い、記録媒体を抽出します。

  • データ消去用PCへの接続
    データ消去用PCへの接続

    ハードディスクの内部データを一切閲覧すること無くデータ消去を完了出来るソフトウェアが搭載されたパソコンに、記録媒体の接続を行います。

  • データ消去作業の実施
    データ消去作業の実施

    この状態にて記録媒体の書換が可能だった場合には、自動的にデータ消去が行われる様になっております。

物理的破壊によるデータ消去
  • 分解
    分解

    処分をご依頼されたパソコンやタブレットの分解を行い、記録媒体を抽出します。

  • データ消去用PCへの接続
    データ消去用PCへの接続

    記録媒体の内部データを一切閲覧すること無くデータ消去を完了出来るソフトウェアが搭載されたパソコンに、記録媒体の接続を行います。

  • 物理的破壊
    データ消去用PCへの接続

    記録媒体自体の故障によりデータの書換が不可だった場合、物理的破壊によるデータの消去に移行いたします。 媒体により異なる記録が収められております箇所を徹底的に破壊、粉砕させて頂き、データ消去を完了いたします。

データ処理済みの記録媒体と、未処理の記録媒体は、一台一台厳密なマーキングにより管理されています。 また、このマーキングにて未処理として扱われている記録媒体に関しましては、専属スタッフ以外が一切接触する事のない様、徹底的な管理が行われております。

  • マーキング無し

    マーキング無し:データ未処理のハードディスク

  • マーキングあり

    青シール: データ消去が完了したハードディスク(再利用可)

    赤シール:データ消去が完了したハードディスク(再利用不可)

トップページへ戻る

ページTOPへ